タイトルイメージ 本文へジャンプ


手作りふとんができるまで



Q.手作りふとんはどれくらい使えるの?

A.お日様に干してもふっくら感が戻らなくなったら、打直しの時期です。
  つくりたての気持ちよさをよみがえらせましょう。
  敷ふとんは3年、掛ふとんは5年が目安です。


Q.おふとんの打直しって?

A.長年使用したおふとんの固くなった綿をときほぐし、汚れや綿くず、ダニを取り除いて
  ふっくら感をよみがえらせます
  その後、新しい生地でおふとんを仕立て直す地球に優しいシステムです。


Q.手作りおふとんはクリーニングができますか?

A.丸洗いすることができます。
  クリーニングをする場合は、専門業者か当店にご相談ください。
  ドライクリーニングやご家庭での水洗いはお避けください。


Q.手作りおふとんの日常の手入れ方法を教えてください。

A.天気の良い日の午前10時から午後3時までの間に片面2時間を目安に干してください。
  ふとん内部の湿気がとれ、ふっくら感がよみがえります。
  ふとんたたきで強くたたくと、側生地や中わたが傷む恐れがあります。
  中わたの汚れやほこりが気になるときは、専用ノズルを付けた掃除機で
  吸い取るようにしてください。
  
  ふとんカバーはこまめに洗濯するようにしましょう。


Q.手作りふとんを長時間保管するときの方法を教えて下さい。

A.お日様に干し、取り入れた後、熱を冷ましてから通気性のよい押入れの上の段に
  保管してください。
  再び使用するときには、お日様に干してふっくら感をよみがえらせてください。
  また、保管中でも時々お日様に干して乾燥させてください。


トップページへ戻る